スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AS考察・スミカ編~『劣等』に許された『幸福』

2016.09.06 21:38|魔法戦士コネクターズ!
お久しぶりです、雪翠です。
最近、これというフリゲがなかったから、魔コネとASを再プレイしてました。
最新バージョンで追加されたシーン、結構重要なシーン多いんじゃない!?
いつまでも広告出てるのアレだし、ASの考察記事は書いてなかったし、ちょっとASまで含めた考察をやっちゃいましょう!
というわけで、今日から始めていくわよ!

魔法戦士コネクターズ!本編の考察はこちらから→魔法戦士コネクターズ! まとめ

本編は時系列順に追っていったけど、今回はキャラごとにまとめていくわね。
第1回目の今日は、スミカについて。
考察キャラの順番も、私なりに意味を持たせてはいるわ。

まず、本作全体の話をすると、
この作品が伝えたかったことは

「生きることと幸福を求めることは同義である」

だっていうのは、本編考察の最終話で書いた通りね。
私の考察は、この前提の下で話していくわ。

その結論を導く物語のなかで、スミカが担った役割は何か。
それは

「幸福の不平等」


作者様のブログで、スミカのテーマは『劣等』だと語られています。
これは単純に、兄・ユウジと比べて戦士としての能力が劣っている、という意味ではない。
スミカの場合、能力が劣っている結果、

両親から受ける愛情の量が負けてしまっている

ことが、スミカというキャラクターにとって最重要であることは、プレイ済みの方なら分かるはず。
その事実を、残酷なシステムによって突きつけられた結果として、スミカは戦い狂い、ワタルに八つ当たりをしてしまい(最新のバージョンで追加されたシーンらしいわね)、そんな自分をますます責めてしまう。
スミカにとって、両親からの愛情を受ける、という行為は、間違いなく「幸福」の大きなウエイトを占めていたはず。
でも、それは叶わない。両親の愛情を受けたのは兄であり、Story2-4にて真相が明らかになった時点で、スミカの中の幸福の多くが打ち砕かれた。幸福を求めることが許されなくなった。
ここで、「生きることと幸福を求めることは同義である」というテーマをスミカに当てはめると、

生きることが許されなくなった

と、ほぼ同じ意味になるのね。
本来、両親の愛情というものは、平等に与えられてしかるべきもの。
でも、スミカはその幸福は与えられなかった。
その意味で、スミカというキャラクターが担ったのは「幸福(=人生)は不平等である」という、ある意味で残酷な現実を示す役割だったといえます。
子供はいつか、その事実に気が付くことになります。それに気が付いた思春期の子供の絶望、それを魅せてくれたのが、スミカというキャラクターなんです。
この「不平等」というワードは、スミカを語るうえで非常に大切な言葉。
何故なら、スミカが吹っ切れる要因となるのは「都会のプロクトに見捨てられた田舎のアジューズ」だから。
「都会と田舎」という暗喩を通して、この世の不平等を表現しているの。

「幸福(=人生)は不平等である」。では、『劣等』な人間には『幸福』は与えられないのか。
この問いに対し、スミカというキャラクターは、ハッキリと、「ノー」を示します。
以下、Story3-4、アイスレディを倒した後のスミカの台詞を抜粋。

「うん! ……アタシ、誰かの役に立ちたかったんだ!」
「オーブの仕組みを聞いたときはショックだったけど、それはお兄ちゃんとアタシの違いのことだった。それに気をとられて、戦士になった本当の理由を見失ってた。」
「お兄ちゃんみたいに、誰かの役に立ちたくて、誰かの喜ぶ顔をこの目で見てみたくて、それで戦士になったんだ。」
「お兄ちゃんみたいに、たくさんの人を一気に救えるわけじゃないけれど、中心の枠から外に出てしまった人を助ける。それが、アタシが行きたい道なんだ。」
「アタシの力じゃ、父さんやお母さんの笑顔は見られないけど――」
「その分、他の人たちを助けたい。この道に後悔なんてしない。幸せだよ。やっと、家族全員幸せになれるんだね。」

ここで大きなポイントとなるのは、

スミカ自身が「自分は幸せだ」と断言していること

この決意表明に嘘がないことは、その後のクオンとのやり取りから明らか。
では、なぜ、あそこまで絶望していたスミカが、幸福にたどり着いたのか。
それは「望んでいたもののうちの、一部分だけを抽出した」から。
「お兄ちゃんのように」「たくさんの人を助けて」「両親やみんなからちやほやされて」「誰かの役に立つ」。
この要素全部を叶えるのは無理。
でも、「誰かの役に立つ」。これだけなら、魔法戦士であるスミカには充分可能なの。
アジューズの人たちを救えたことで、それを確信したスミカは、幸福の断片を手に入れた。

ここで引っ掛かるのは「でも、結局不平等なんじゃん」ということ。
確かに、「たくさんの人を助けて」「両親やみんなからちやほやされて」「誰かの役に立つ」ユウジと「誰かの役に立つ」スミカでは、明らかな差異があります。

本作は「幸福(=人生)は不平等である」ということを認めている

ただ、その事実に対する、気が付きにくく、さりげなく、だけどとても大きな反逆を、ASまで通して行っている。

本編~ASを通して「私は幸せだ」と断言しているのは、スミカだけである

『劣等』をテーマにしているキャラクター・スミカだけが、『幸福』を明言している。
これは、「たった一要素しかなくとも、そこに幸せを見いだせる」という『劣等』な人間の特権を象徴している事実であり、その意味でスミカは、ワタル・ヤマト・アヤネ・クオンにはない、彼女だけの強さを手に入れたといえます。

そんな成長を遂げたスミカが描かれるのが、ASスミカ編。
このスミカ編、
都会に搾取されている田舎の村から助けを依頼される→プロクトの妨害→それを乗り越えて救済
という、一見すると、本編をそのままなぞっているような展開がなされます。
ただ、違っているのはスミカの考え方。
ASでは、大臣に即身仏のことをしゃべってしまったばかりに、事実を隠ぺいされようとしてしまいます。
もし、本編メンタルのスミカであったとしたら、その自己嫌悪に押しつぶされ、狂っていたのではないでしょうか。
スミカも、ヤマトに引けをとらないくらい潔癖なの。

こんなに汚かったんだ

という台詞が、彼女の潔癖さを象徴している。
だからこそ、一度でも間違いを犯した自分を認めてあげられない。
でも、ASスミカは違います。そりゃあ迷いはするけど、「誰かの役に立つ」という信念だけは、これだけは捨てないと決めているから。
「ASでは成長したスミカを見せたい」と制作者様のブログに書かれていたけれど、それはきっとこういうこと。本編と似た展開を辿らせることで、スミカの精神の変化を表現している。

ここで魔コネシリーズ全体を通しての、スミカ評にうつります。
作中において、スミカが担った「物語のカラクリとしての」役割は、「もっとも感情移入しやすい動機で狂うこと」。そして、それ以上に大きいのが、

「絶望すること」

実は、スミカ以外の4人は、すでに絶望を味わっているの。
ワタルはタクヤの死、ヤマトは両親の離婚、アヤネは男尊女卑によるいざこざ、クオンは家庭崩壊。
4人は絶望を経験しているがゆえに、それぞれが強い価値観を持って行動している。
しかし、スミカは違う。多少のカインコンプレックスはあったけれど、それは三次元であってもおかしくない程度のもの。
いたって普通の女の子が絶望する姿をプレイヤーに見せることで、プレイヤーに感情移入させ、物語に引き込む役割。
そして、プレイヤーに感情移入させたスミカに、「幸福宣言」という、この上ない特権を与える。

作中で最も三次元的であるがゆえに、二次元だからこそ成せる残酷なシステムを前に、最初に壊れてしまうことになったスミカ。
しかし、そんな彼女が、幸福宣言という特権を得ることができたのもまた、「幸福の不平等」が存在する三次元に最も近いキャラクターだったからなのです。


しかし、スミカの物語は結果的に「幸福の不平等」を認めている。
そこで、物語のバトンが、「幸福の不平等」に抗おうとする『消極』の魔法戦士・アヤネへと渡されるのです。

↓魔コネAS考察まとめ↓

スミカ編~『劣等』に許された『幸福』
アヤネ編~植えつけられた『消極』
ヤマト編~『羨望』の抑圧に待つもの
クオン編~偽りの『諦観』の果て
ワタル編~『幸福』故の『犠牲』への『贖罪』
総論編~世界と『世界』

↑魔コネAS考察まとめ↑
スポンサーサイト

テーマ:フリーゲーム
ジャンル:ゲーム

コメント

非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

雪翠

Author:雪翠
管理人・雪翠が、フリーゲームについて思ったことを書くだけのブログです。
現在は、魔法戦士コネクターズAS考察を連載中。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

クロム化合物に合成
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。