スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Avance・ストーリー 第7話

2015.08.03 00:00|Avance・ストーリー
Aストーリー、考察しながらニッセレの舞を披露する2周目プレイ、第7話!
今回は第12章「全ては鐘の音に…」よ!

ここの王女であるサルビアは、戦うことをためらっているようね。
その意味で、レモーナと似ているところはあるのかも。
でもレモーナは旅を通して戦う覚悟を身に着けた。そこがレモーナとサルビアの違いね。

それにしても、鬼将に話しかけた時に低身長を気にするニック可愛い。

真面目な話に戻ると。
この作品、けっこう尖った主張してくるのよね。
だって「守るためには戦わないといけない」よ? サルビアの「話し合いで解決」精神を否定している。
私には「前進するためには傷つかないといけない」っていう暗喩に思えるんだけど、どうかしら?

いざ、決戦の地に乗り込む! って時に、デロイトの奇襲!
ここでリディアとバラバラに。怪しい匂いしかしない。
だっておかしいもの。奇襲を受けた時、みんな慌ててるのに、リディアは棒立ちじゃない。
はぐれたリディアを心配し、助けにいくというレモーナと、「鬼将との約束(市民の様子を見てきて)を果たさないと」と引き留めるニック。

レモーナニックの違いはここにある

レモーナもニックも、正義感が強くて明るい性格で、実をいうと身分も似ている(その時になったらまた考察するけど)。
でも決定的に違うのは合理主義的視点の有無。
ニックは幼いころを記憶を無くしているけど、その過酷な記憶は体の片隅に残っている。
一方レモーナは、木の実集めが趣味のやんちゃ娘で、不自由ない生活を送ってきた。だからこそ、感情優先でいられるのね。
もちろん友達思いなのは大切なんだけど、政治的には、戦闘能力のある、おまけに勇者の一味としてここにいるリディアより、戦闘能力のない王女や民を守る行動をとらないといけないのよ。
初見の時、ここでようやくレモーナとニックというよく似た二人が同居している理由が分かったのよね。明確な思考の違いがあるからよ。

で、王女たちの話によると、本来なら魔法ガードがかけてある。内側からしか解けないそれを解いて、デロイトが奇襲をかけてきた。
つまり、内通者がいる、と。

リディア

ファイナルアンサーよ! 今更答えは変えないわ!
そして、自分の国が危険な目に遭ったことで、戦う覚悟を手にしたサルビア王女。

ところが。
なんと、内通者として兵士に捕まえられたのは、カロン!
違う! 違うから! 犯人リディアだから! カロンは悪くないから!
地下牢に捕らえられたカロンから、オレンジ色のリボンを手渡される。それは……リディアのもの。

あえて言わないレモーナ

ここで事実を明かせば、皆のメンタルに悪影響を及ぼすから。
カロンは王からレモーナたちを見守るよういわれていたようね。

そして戦場へ。
「もう充分楽しめた。お前たちは、この舞台に必要ない」
そういう彼女は、この敵集団のボス。
鬼将が3人もやられてしまう。そして後ろから現れるリディア。
「私の出番だね」
「私、いいこと考えたの」
「みんなと仲良くなればいいってね」
「そうしたら上手くいっちゃってね」

あたしの思い通りいいいいい!

下手なホラーより、よっぽど怖いんですけど!
そして、最後の鬼将も倒されてしまう。
リディアは悪魔。味方のふりをしていたのは、単純に楽しみがほしいから。
鬼将を捕まえて楽しんでいたのはリディアのようね。そしてこれは、デロイトに頼まれてやったことだと。
そしてリディアと戦闘。彼女は「許さない」の羅列を残して消えていった。

虚しく、悲しい気持ちだけが残る。
ドートルにはもう兵力は残っていない。
レモーナたちはオロール大陸へ戻ることにした。
王女に裏口へ連れていってもらう。
まあ、そうよね。
本当の敵はリディアで、あんな惨事を起こしたんだもの。そして、そのリディアを連れてきたのはレモーナたち。
カロンは釈放されるみたいで、それはよかったわ。

というわけで、第12章終了。
今回は1章だけだけど、長くなっちゃったし、ここまでにするわ。
次回は第13章からよ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

雪翠

Author:雪翠
管理人・雪翠が、フリーゲームについて思ったことを書くだけのブログです。
現在は、魔法戦士コネクターズAS考察を連載中。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

クロム化合物に合成
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。