スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HAPPY CAST!! 最終話

2015.06.07 00:00|HAPPY CAST!!
HC第14話!
今日は第10章と最終章よ!

やっと王都に帰って来て、いよいよ奈落へ!
とりあえずポポロに帰って、ユウトの剣とリーネの防具をゲット。
で、いざ奈落へ! と思ったら魔物の襲撃。
ってか何でナヴァロ復活してんのよ!?
ラミアとかのも生き返ってるし!
でも立ち向かう人々! かけつける仲間! 昨日の敵は今日の友!
さあ、奈落へ向かうわよ!

そして最終章!
タイトルのザッカスの絵が浮いてるわ。
で、先に進むとデーモンと愉快なカースゲイザーの仲間たちとバトル。
愉快な仲間たちはユウト・リーネ・イシュマの全体魔法でさようなら。
デーモンだけにすれば、補助かける余裕が出てくるから、ユートとリーネで攻撃力と敏捷性を補助。回復はイシュマね。
当然防御の補助はかけないわ。TPをためるため。
で、ヴィヴィ・ザッカス・ユウトのTP技を放って終了。
そんなに苦戦はしなかったわ。

で、次はルシカ。
ちょこまか動き回って厄介だけど、敏捷性補助して、ヴィヴィとザッカスで囲んで動けなくすれば平気ね。
わざと攻撃くらってTPためるのはお約束よ。

そしてラスボス、奈落戦。
ラスボス前のリーネの台詞かっこよかった! 「理解できないんじゃない、恐れているのよ。自分より強い意志に。」主人公より主人公してるわね、リーネさん。
3体の奈落は「滅ぼす者」っていう雑魚を量産してくる。ううん厄介ね。状態異常効かないかしら。
とりあえず、まずはリーネで敏捷性2段階強化。イシュマは回復。ヴィヴィ・ザッカス・ユウトは滅ぼす者を殴ってTPをためる。
1体ずつ奈落を落としていく。とりあえず攻撃力も強化しつつ進軍して、TP100技を叩き込む。
1体撃破。滅ぼす者はあえて泳がせるわ。攻撃喰らってTPを(以下略)
余裕が出たらイシュマやリーネをTP技を放つ。
2体目撃破。ヴィヴィちゃんが戦闘不能になりかけたけど、ここはフルポーションで臨機応変に対応よ。
そしてラスト。キめるのはこの方!

神罰

このパーティのエースは……リーネ様……あなたです……。

というわけで、無事HCクリア!
いやー、何度もお蔵入りしかけたけどね!
ではでは、当ブログ恒例、最終話キャラまとめ!

ユウト

え? まとめなきゃダメ?
だって主人公のくせにイマイチ能力ぱっとしないし(特に序盤)、流される性格だし。技名が意味わかんないのばっかだし。
うーんと、イシュマやヴィヴィみたいな、ユウトを掘り下げるエピソードがあればよかったんだろうけど……。
まあ何というか、よくあるアレね。
「万能キャラ故にもっともパッとしなくなってる」アレよね。
鈍感で天然。絶対将来女の子泣かせる。

リーネ

いや、このパーティの主力でしょう!
性格もサバサバしてるというか、サッパリしてる! 女子特有のねちっこさみたいなのがない!
あと発言がカッコいい!
戦闘でも、回復できるし魔法強いしすごく扱いやすい!
ユウトとかには強気だけど、同じ女の子のヴィヴィには少し弱気というか、女の子の部分が出るところがあってそれもまた可愛い!
HCで最も好きなキャラです。

イシュマ

うん。兄弟子との一騎打ちの時は本当にお蔵入りにしようと思った。
正義感が強すぎて暴走するタイプかと思ったけど、最後まで大人しかったわね。
これからウルドの民の未来を担っていくんでしょうねえ。でもイシュマならできると思う。たぶんパーティのブレーンでしょ? イシュマって。
周りの人より大人しかったけど、その分大人に見えたわね。彼。そう彼よ。
本当にごめんなさい。タイトル画面を初めて見た時女の子だと思っててごめんなさい。

ザッカス

ガハハ系のおっちゃんキャラ好き。男キャラでは1番好き。
短気で頑固で、単純な考え方なんだけど、むしろすごく清々しい。第8章でリーネにかけた言葉は本当にその通りだと思ったし、そこでザッカス株が急上昇したわ。
戦闘では鈍足という致命的欠点はあるけど、HPと防御が高いから耐久面に優れてるし、TP技も強かったし。
あと「活!!」が便利だったわ。

ヴィヴィ

ヴィヴィもなかなか気に入ってるわ。
兄を救うって純粋で重たい使命を持ってて、口数少ないんだけどその一生懸命さが伝わってきて。第8章のヴィヴィの可愛さ異常よ。第8章のリーネとの絡みはよかった。女の子の友情!
戦闘では速くて連撃だからTPたまりやすくて、爽快感のあるキャラだった。
少し打たれ弱い部分はあるけど、それもまあ、TPに変換して倍返しにすればいいわ。

プレイ終了!

HCはね、とにかく女の子が魅力的!
リーネもヴィヴィもサブキャラの女の子たちも!
第8章でリーネとヴィヴィの関係に焦点が当たったのも、魅力的に見えた要因のひとつでしょうねえ。
あとHCはイベントがよく動く! おおっ! って思ったことがけっこうあったわ。
基本的に明るい路線でいきつつ、最後は真面目に。だけど鬱とかシリアスってわけじゃなくって。
タイトル通り、ハッピーな気分を演出する作品だったと思うわ。
戦闘に時間がかかるっていう難点はあるけれど、ここまで楽しむことができたわ。主に女の子の魅力に引っ張られて!
それでは、制作者様、ありがとうございました!

次回作は何にしようかしら。何かよさそうなのないかしら。
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

雪翠

Author:雪翠
管理人・雪翠が、フリーゲームについて思ったことを書くだけのブログです。
現在は、魔法戦士コネクターズAS考察を連載中。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

クロム化合物に合成
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。